よくある質問Q&Aその2

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

【Q.先日の京成杯にて、疲れていない方のキングカメハメハ産駒を本命にした、と書かれていてその通りにクールガーが人気薄で3着に来たのですごいなと思ったのですが、タケルラムセスとクールガーの戦歴を見ると共に11月デビューでクールガーの方がキャリア一戦多いので疲れている、と普通は考えると思うのですが…どう判断されたのでしょうか?】

A.なかなかいい質問ですね。
仰る通り、京成杯時点での競走歴はタケルラムセスがキャリア2戦、クールガーがキャリア3戦です。
ただ、クールガーは3戦中新馬、未勝利の2戦がダート戦なんですね。
単純に、『ダートの方が芝より時計が出ない、つまり心身の疲労が少なく済む』のです。
また、この時期の新馬、未勝利戦は芝の方がレベルが高い=消耗も高いというのもあります。(ほとんどの2~3歳馬はクラシックを目指すのでまず芝を試すのは当然です。)

反対にタケルラムセスは新馬、500万下と芝2000を使っています。
500万下の勝ち時計は2.01.6で京成杯の勝ち時計2.02.3以上に速い時計でした。
しかしこれが危ないのです。
3歳1月の時点で2000m以上のレースってほとんどないですよね。まだ体が出来ていない時期の2000mって、結構消耗激しいのです。

さらに京成杯へのレース間隔は中1週です。
好時計勝ち後でレース間隔も詰まっている。疲労に弱いキンカメ産駒は反動出てもおかしくありません。

対照的にクールガーは初芝の前走で2着、競馬場は阪神ですが走破時計は2.02.5と時計も平凡です。
しかし、遅い時計だからこそ疲労も少ないと言えます。
そして京成杯へのレース間隔は中二週。
中1週よりは中2週の方が疲労に弱いキンカメ産駒にはプラス材料です。
(さらに中3、一ヵ月~と間隔空く程成績はよくなります。ただ長期休養明けだと仕上げていない場合もあるので注意)

結果、タケルラムセスは5番人気9着と人気より大きく着順を落としました。
そしてクールガーは6番人気3着と好走。

展開などにもよりますがタケルラムセスが500万勝ちの時と同じ時計で走れば、楽々京成杯も圧勝していたのに現実はそうはならない。
つまりはキンカメ産駒は疲れていなくて鮮度のある方が好走する確率が高いなという回顧になったのです。

※文章をまとめるのが下手でかなり長いアンサーになってしまいすみません。
また、たくさんのお礼の連絡も頂いていますが(京都金杯的中の際は10通以上お礼の連絡を頂きました、ありがとうございます)現状返信出来ていません。
なかなかお返事出来ないのですが、メールは全て目を通させて頂いております、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

↓お読みになられていない方は【よくある質問Q&Aその1】もよろしければご覧下さい。
よくある質問Q&Aその1へ

↓◎ブログランキングに東海S・AJCC・京都牝馬S注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

枠順確定後には無料メルマガにて全馬診断の一部を配信予定。
無料メルマガ・シャイニングすこーぴおんの予想

メルマガ・Facebook・ブログランキング・Twitter
無料メルマガにて勝負レースの一部、重賞の全馬診断の一部等を配信中。
無料メルマガ・シャイニングすこーぴおんの予想

フェイスブックページ始めました!アカウント持ってる方はよろしければいいね!お願いします!
フェイスブックページ・馬券で家建てますかな

ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

Twitterもやってます!
Twitterアカウントへ

アフィリエイター募集中!
2015年1月21日 よくある質問Q&Aその2 はコメントを受け付けていません。 Q&A