『やはり堅かった』2015年神戸新聞杯・オールカマー回顧

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

※重要なお知らせ※

■お知らせその1■
2015年10月1日より、新たな有料メルマガが創刊致します!
詳細は公式サイト、無料メルマガ、1コイン対応版の無料記事にて近日告知致しますので楽しみにお待ちください!

■お知らせその2■
2015年11月1日より、重賞専門ブログはリニューアル致します!
こちらも詳細は近日中に告知致します。
【競馬で家建てますかな・JRA重賞予想専門ブログ】

2015年神戸新聞杯回顧

1着6リアファル
危険馬に挙げた馬だが、流石に前半1000m62.4のスローペースを道中特に絡まれることなく逃げられれば楽。
速い上がりを使えたのは収穫だろう。
かなり楽なレースだったので、次はどんなレースをしても厳しく感じるので人気になるなら消したい。

2着〇5リアルスティール
スローペースの上がり勝負は適正あるディープインパクト産駒。
春の実績からも流石に馬券圏内は外せない。ただ正直菊向きではないが。

3着11トーセンバジル
スローである程度の位置につけた馬か内枠の馬が上位独占する中、最後方からの追い込みで3着に来るのだから阪神長距離適正が思ったより高い。

本命アルバートドックは単純にスローペースにしては位置取りが後ろ過ぎ。
いずれにしても一番人気リアルスティールが消せないので勝負するレースではないですし、その通りの結果となった。
本番に向けてはバイガエシが出れれば…だが多分出れないので、やはりあの馬かな…と考えています。詳細は後ほど。

2015年オールカマー回顧

1着▲3ショウナンパンドラ
宝塚記念と同じような坂のあるコースで内差し決まる馬場の適正を見せた。
あまり速すぎない上がりで差しが決まる競馬がベスト。

2着〇4ヌーヴォレコルト
多頭数内枠は得意。ほぼベスト条件で馬券圏内は外せないだろう。
ただ一番人気だと切れる脚ない上に目標にされて単勝期待値低い。

3着9ミトラ
休み明けでリフレッシュ。
また短縮より延長の方が走る馬で。

〇-▲の押さえの安い馬連的中のみとしょっぱい結果に。

本命を2番人気のロゴタイプにしてハナ差4着という下手くそな予想で申し訳ありません。

とはいえ予想の冒頭に『※今週の重賞は2レースとも人気馬に死角があまりないのであまり勝負しないほうが無難です。 』と書いたように1番人気に切れる要素がなく、結果二頭とも無難に馬券圏内に好走し堅い決着だったので、有料予想購読者の皆様はあまり懐が痛まなかったのではないでしょうか。

1コイン版のオールカマー予想のタイトルにも上記文章を記載したところ、他の勝負レースの半分以下しか売れていなかったですし(笑)

はっきり言って今週の重賞2レースは重賞じゃなかったら予想してないです。

一番人気に切れる要素がなく、ペースも逃げる騎手次第で変わりやすい芝中距離というのは荒れにくい上に展開次第で一番人気以外のどの馬が来るか読みにくいというのが主な理由です。

中央競馬は毎週ありますし、無理に勝負を急ぐ必要はありません。
慌てなくても必ず勝負出来るレースが来ますから。

来月からは新たな有料メルマガが創刊しますし、三場開催にもなりますので勝負出来るレースは増えてくると思います。

来月からのG1シーズンにご期待下さい!

人気ブログランキングでは神戸新聞杯の次走注目馬、つまりは菊花賞の注目馬を公開中。

↓◎人気ブログランキングに神戸新聞杯次走注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

神戸新聞杯、オールカマーの全着順回顧は有料メルマガ、重賞専門ブログのみで公開致します。

的中したレースも外したレースも全て一頭ずつ丁寧に回顧して検証していき、後々の競馬予想に繋げていきます。

また、有料予想内の全着順回顧のみ、次走注目馬を複数挙げていきますのでよろしくお願い致します。

※全着順回顧は時間がかかる関係もあり、週にもよりますが月曜~火曜の夜あたりまでには行う予定です。
※有料メルマガの全着順回顧は、10月1日より創刊する新しい有料メルマガにて配信予定です。

メルマガ・Facebook・ブログランキング・Twitter
無料メルマガにて勝負レースの一部、重賞の全馬診断の一部等を配信中。
無料メルマガ・シャイニングすこーぴおんの予想

フェイスブックページ始めました!アカウント持ってる方はよろしければいいね!お願いします!
フェイスブックページ・馬券で家建てますかな

ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

Twitterもやってます!
Twitterアカウントへ

アフィリエイター募集中!
2015年9月27日 『やはり堅かった』2015年神戸新聞杯・オールカマー回顧 はコメントを受け付けていません。 競馬予想 回顧