2015年京都金杯枠順確定全馬診断1~9番+注目馬

最初に書いておくと、馬柱見た瞬間本命は決まりました(笑)
場合によっては有馬以上に賭けるかもしれません。

京都金杯の本命・予想は当日の有料メルマガで配信します。
現時点で80人以上登録があり本人が一番びっくりしています。私的には年内に100人行けばいいかな~とのんびり構えていましたので(笑)↓↓
馬券で家建てますかな・有料版

各馬の診断するまでもなく本命決まったのですが、せっかくなので一頭ずつ診断を。

1枠1番エキストラエンド
昨年の覇者。ただ臨戦過程は間隔空けて短縮で出てきた昨年の方がはるかにいい。
今回は使い詰めでG1好走後と、反動の方が怖い。
毎年1月京都芝は内枠天国で去年はディープ産駒が京都芝重賞全勝だったように馬券から完全に外すのはどうかも、抑えの一頭ぐらいか。

1枠2番マイネルメリエンダ
このレース実績ある天皇賞春勝ち馬、または産駒が天皇賞春を勝った馬を父、母父に持つ。
鮮度的にも格上げ二戦目の重賞初挑戦と絶好だが、軽すぎる京都はどうか。
ハイペースになって欲しい。

2枠3番ショウナンワダチ
ショウナンカンプ産駒は一本調子な部分あるので、古馬になってからは1400の方がいいかも。

2枠4番ウインフルブルーム
このレース実績ある天皇賞春勝ち馬を父に持つ。また短縮。
この枠でおそらく馬場は内枠天国なのだから思い切って逃げた方がいい。
それと馬体はさすがに絞れないと。この二つさえ満たせば。

3枠5番シェルビー
先行→差しの位置取りショック決めた後だけに乗りづらい。
枠的には恵まれているので抑えぐらいか。

3枠6番メイショウヤタロウ
流石に近走不振で。

4枠7番フルーキー
短縮、格上げ二戦目で鮮度ありと特に減点はない。
あとはあまり抑えすぎると馬場的に間に合わないのである程度前に行って欲しい。

4枠8番グランデッツァ
前走は高速京都適正見せた。
ただ充実期過ぎたアグネスタキオン産駒に連続好走望むのは?
前走自体時計も速く反動怖い。

5枠9番アクションスター
同じタキオン産駒なら格上戦のこちらを狙いたいが、こちらも短縮実績なく1600万下の使い詰めで積極的に買う要素はない。

馬番10以降の見解は無料メルマガにて配信致します。
また、あまり自信のない(笑)中山金杯予想も無料メルマガにて配信予定です。
↓↓
無料メルマガ・シャイニングすこーぴおんの予想

ブログランキングでは本命ではなく穴を空けそうな注目馬を公開。

↓◎ブログランキングに京都金杯注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

謹賀新年+馬券本紹介

皆様、2015年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
有馬記念は残念な結果に終わりましたが(汗)一番最初に消したジェンティルドンナが来たのでどうあがいても的中出来なかったので仕方ないかなと。

今年は京都金杯が面白くなりそうで注目しております。

そしていよいよ1月4日より有料予想が始まります。
この機会に是非お試しください。
詳細はこちら↓↓
馬券で家建てますかな・有料版

さて、正月休みも兼ねて(あまり休んではいないのですが)馬券本二つ購入してみました。

一つ目はこちら、亀谷敬正さんの血統ビーム2015。
downloadcd

うーん…何年も参考に読まさせて頂いている私には、うん、毎年同じような内容だよねという感想です(笑)
ただ、何年も変わらない内容なのに出続けているということが、基本的に競馬の本質的な内容が変わっていないということではと思います。

まず血統ありきで、その後馬場や距離、戦術、騎手などを交えて予想する。
中級者以上の方なら例えばサクラバクシンオー産駒でとてつもなく強い馬が出たとしてもダービーやJCを勝つのは難しい、というのは誰でもわかると思います。

血統を無視して予想するのは料理をする時に材料はどうでもいい、賞味期限切れの材料でも名料理人が料理すれば素晴らしい料理が出来る、と言っていることと同じだ。という一文には非常に納得させられます。

私としては亀谷さんの理論知っている方が今更これを買うのはどうだろう…と感じます。
知らない方はご購入するのはありなんじゃないでしょうか。

続いては今井雅宏さんのウマゲノム版種牡馬辞典。
downloadde

あれは1995年の天皇賞秋が終わった頃だったと思います。雑誌競馬王を読んでいて、今井氏の連載Mの法則を読んで衝撃が走りました。
体に電気が走ったに等しい、今まで見たこともないような競馬理論でした。
こんな考え方あるのかと。

そのくらい、当時は今井氏の前と後では競馬予想がまるで違った。
日本の競馬予想シーンを変えた革命児なんじゃないでしょうか。

今回も有力種牡馬の特徴を、普通の種牡馬辞典とは違う精神的な部分から紐解いてく部分は秀逸だと思います。

ただ、最近は複雑過ぎてついて行けない部分が多々あります汗

ハイラップ指数48とか52とか、50が平均で…その48と52の違いってなんなんだ、全々変わらないぞとか色々ツッコミどころありますが、自分としては分かる部分だけ参考にすればいいかなと解釈しています。

全部をわかろうと思ったら、それこそ今井氏に弟子入りするしかないんじゃないかと。

今井氏の理論は難しく理解出来ない、という方が少なからずいらっしゃいますので、そこを承知でご購入された方がよいかと思います。なんだこの本全然ついていけねーよってことになると2700円弱無駄になりますので…汗