2014年京都新聞杯出走登録+注目馬

アズマシャトル
オールステイ
オウケンブラック
ガリバルディ
サウンズオブアース
シャドウダンサー
シングンジョーカー
スズカデヴィアス
ステイインシアトル
ストロベリーキング
ダンディーズムーン
トラキチシャチョウ
ハギノハイブリッド
ピークトラム
ファーガソン
ブラックカイト
ブレイヴリー
ポメグラネイト
ミヤビジャスパー
メイクアップ
メイショウウタゲ
モーリス
リーゼントロック
ロングリバイバル

京都外回りということでディープ産駒が圧倒的に強く、他ではマンハッタンカフェやダンスインザダークなど、菊花賞に強い血統が走るレース。
今年は意外にもディープ産駒の登録はなし。

条件戦圧勝でこの距離合いそうな馬に注目。

↓◎ブログランキングにて京都新聞杯注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

2014年天皇賞春回顧

1着フェノーメノ
体調心配だったが戻っていたか。ディープ産駒全滅のタフな消耗戦になったのもよかった。

2着ウインバリアシオン
タフな消耗戦は望むところ。これで勝てないというのも厳しいが。

3着ホッコーブレーヴ
消耗戦の適正見せる。ただ流石に連続好走は読みづらいが。

先週までの露骨なディープ馬場はどうしたという消耗戦。
やはり3200は特殊ということか。
瞬発力勝負にヤマをはって、見事裏目になったという予想に。

2014年青葉賞回顧

一着ショウナンラグーン
当レースの勝ち馬シンボリクリスエス産駒。いかにもトライアルホースという感じ。

二着ワールドインパクト
馬体が増えたのはよかった。初重賞でもあり無難に好走。

三着ヤマノウィザード
初重賞のディープ産駒。こちらも適正通り来た感じ。

やはりというか鮮度のないラングレーは凡走で、この馬が二番人気というのも不思議。
ただ一着馬は読めなかった。
全体的にダービーでも好走しそうな馬が見当たらず。

2014年天皇賞春全馬診断+予想

1アスカクリチャン
スターリングローズ産駒は上がり勝負に強い馬多い。内枠利してスローの上がり勝負になれば。

2アドマイヤフライト
前走は流れ向かず。京都適正はあるので中団くらいからレースすれば。

3サトノブレス
とにかく今の馬場はディープ産駒に向いている。内枠もいいので抑えておきたい。

4サイレントメロディ
さすがにないだろう。

5レットカドー
去年の三着馬だがさすがに去年ほどの鮮度は望めないので。

6ホッコーブレーヴ
前走ベスト条件で好走後なので期待薄。

7フェノーメノ
前走長期休養明けで馬体減りと体調?なのと、今の京都があまりに高速馬場なのでステイゴールド産駒には合わなそう。

8ゴールドシップ
この馬も典型的なステイゴールド産駒で、軽すぎる今の京都は合わない。この人気なら蹴りたい。

9タニノエポレット
短縮好走後の延長どうかも、意外にも初G1なのでこの人気ならダンスインザダークの長距離G1適正に賭けてもいいかも。

10フェイムゲーム
ダイヤモンドSからの直行は馬がスローに慣れすぎてあまり好走確率高くない。

11ラストインパクト
ディープ産駒にしては持続力系でしぶとさある。ただそういう馬はG1だと善戦止まりが多いが。

12ウインバリアシオン
G1目標なら前走は負けてほしかったが、圧勝後なら悪くない。

13オーシャンブルー
大幅延長の外枠厳しい。

14キズナ
今の馬場がディープにむいているのでさすがに崩れなそう。

15アドマイヤラクティ
鮮度、勢いともに落ちているのでどうか。

16ジャガーメイル
流石に歳で。

17ヒットザターゲット
内枠欲しかった。鮮度ないキンカメ産駒は使い込むと嫌がる。

18デスペラード
前走は人気のディープ産駒が沈んだようにディープに向かないレース。今回はあからさまなディープ馬場なので厳しい。次の宝塚で期待したい。

当てにいくならディープ産駒中心に馬券買えばいいでしょう。
ただ基本私は穴狙いなので内枠の馬の一発狙い。

↓◎ブログランキングにて天皇賞春本命馬公開中↓

人気ブログランキングへ

以下
○3サトノブレス
▲2アドマイヤフライト
△14キズナ
△12ウインバリアシオン
△9タニノエポレット

2014年青葉賞全馬診断+予想

1タイセイクルーズ
ダート馬。

2ワールドインパクト
ディープ産駒の重賞初挑戦で鮮度高い。
ただ長い距離を短い間隔で使って馬体重減り続けているので疲労だけ心配。スローの上がり勝負なら我慢できそうだが。

3マイネルフロスト
戦績からも非根幹距離ベストで延長の根幹距離の人気で買う馬ではない。

4テオドリーコ
今の軽すぎる東京だと合わなそう。

5ラングレー
完全に人気先行型のディープ産駒で重賞で再三人気を裏切っているのだがそれでも人気になるというのは、人気というのはマスコミが作っているのだとつくづく思いますね。もちろん期待値低いので買えない。

6ピオネロ
重賞だと善戦止まり。延長がプラスとも思えず。

7ファーガソン
格上戦。人気もないしマンカフェ産駒なのでこなせるだろうから抑えぐらいなら。

8ナンヨーマーク
芝ではまったくダメなので厳しい。

9ウインマーレライ
非根幹距離向きだろう。

10ゴールドアクター
長い距離を連続好走中なので疲労気になるが格上挑戦なので抑えくらいなら。

11ショウナンラグーン
重賞で二桁着順で下のクラスで安定しているというのが微妙。

12ナスノアオバ
どちらかというと中山向きだろう。

13ヤマノウィザード
前走が不可解な負け方。一応ディープの重賞初挑戦なので抑えてはおきたいが。

14ケンブリッジベスト
こんな戦績の馬を重賞に出すということ自体、意味がないというか…

15マテンロウボス
配合的に府中2400合いそう。人気もない。

16エイシンエルヴィン
もう少し短い距離向きだろう。

17シャンパーニュ
今の軽すぎる馬場はチチカステナンゴ産駒には合わなそう。

18アドミラルシップ
戦績といい父といい先週のフローラS勝ったサングレアルに似ているので注目していたがまさかの大外枠。

迷ったが、注目していたゼンノロブロイ産駒から入りたい。
スローでこの枠だと物理的に間に合わない可能性あるが、前に行く馬がいないと案外有力馬が前に行ってペース締まったりするのでそれに期待したい。

↓◎ブログランキングにて青葉賞本命馬公開中↓

人気ブログランキングへ

以下
○2ワールドインパクト
▲15マテンロウボス
△10ゴールドアクター
△13ヤマノウィザード
△7ファーガソン