思い出の天皇賞春【ベストレース】

個人的には天皇賞・春という枠を越えて私の競馬歴20年の中のベストレース。

1997年 第115回天皇賞・春

1着マヤノトップガン
2着サクラローレル
3着マーベラスサンデー

いまだにこのレースを越える名勝負はないと思っている。
今はどうしようもない人間になってしまった田原だが、騎手時代はきれにきれていた。とりわけこのレースは神がかっていた。
三強のうちのサクラローレルとマーベラスサンデーが3コーナー手前で早々に前に行って、よく内で我慢出来るなと。一緒に走ったローゼンカバリーの藤田騎手が「あそこで内でじっと我慢出来るのはすごい。」と言っていたそうだが、マヤノトップガンという馬は逃げ先行でG1三勝してきた馬で、後ろから行く馬ではないという世間の認識があった。
何せ前哨戦の阪神大章典で田原が新しいトップガンをお見せするといって差しに回って勝った後ですら調教師は次は前に行ってくれると思うと話していたのだから。
周囲の雑音はよそに、頑なまでに差しという選択を貫き、3秒近くもレコードを更新する差し切り勝ち。
その後はトップガンは故障で引退、サクラローレルも凱旋門に行くも故障で引退、マーベラスサンデーも故障で有馬一戦しか出来ず引退。その他の上位入線馬もほとんどが故障か調子を崩したように、タイムからも極限のレースだったのだろう。

動画はこちら

2014年天皇賞春出走登録+注目馬

ウインバリアシオン
キズナ
ゴールドシップ
フェノーメノ
オーシャンブルー
デスペラード
ジャガーメイル
サトノノブレス
アスカクリチャン
ヒットザターゲット
アドマイヤラクティ
ラストインパクト
フェイムゲーム
ホッコーブレーヴ
タニノエポレット
サイレントメロディ
アドマイヤフライト
バンデ
タマモベストプレイ
サイモントルナーレ
レッドカドー

役者が揃ったと言った感じ。
今年は超高速馬場なので、スタミナというよりもある程度前に行けて切れる脚が使える中距離適正が問われると思います。
つまりはディープ産駒に向きそうですが、素直にキズナを本命にはしません。

↓高速上がり適正の高いこの馬に注目しています。

↓◎ブログランキングにて天皇賞春本命馬公開中↓

人気ブログランキングへ

展望

2014年フローラS回顧

体調不良でした…更新遅れてすみません。

1着▲サングレアル
外有利とは言えない馬場、流れであれだけ大外ぶん回して勝てるのだから東京適正高い。

2着◎ブランネージュ
内枠を利して好位から抜け出す理想的な競馬。それで二着なのだから次の上積みとしては微妙。

3着マイネオーラム
このレースでも複数の好走馬出しているステイゴールド産駒。

結構レベルの高い一戦だった。
サングレアルはこれ以上馬体減らないで欲しい。

2014年マイラーズC回顧

体調不良でした…更新遅れてすみません。

1着ワールドエース
間隔空けて高速馬場への短縮と、ディープ産駒の得意な条件。
ただまだ寒い春先にこんな時計で走ったら反動は大だが。

2着フィエロ
初重賞挑戦でフレッシュな状態なのでそれなりに走るだろう。

3着エキストラエンド
京都の高速馬場はディープ産駒の得意条件。もう賞金的に足りているのでわざわざ疲れの溜まるマイル戦に短いスパンで使う必要もないと思うが。

やはりというか、ディープ産駒のワンツースリー決着。
それにしても恐ろしく速い馬場で、上位馬は反動に気を付けたい。

【猛省】2014年福島牝馬S回顧

1着ケイアイエレガント
前走の反動出るかと思ったが好走。中山と福島の1800は構造が似ているのもプラスしたか。

2着キャトルミルフィーユ
これだけ重賞で連続好走出来るというのはすごい。大事に使えば大きなところを取れるかも。

3着△フィロパトール
レースを見ていてまじかよ…手応えいいじゃん、これ残るなあと心底後悔。
月曜時点で注目馬に挙げていたが、100倍以上の最低人気でどうなのかな…と思い抑え評価にしてしまった。
この弱気はいけない。
競馬は他の人が注目していない人気薄の馬にどれだけ賭けれるかが大事。
こういうつまらない行為はしてはいけない。今後はより一層注意して予想していきます。