馬券の買い方(実験段階)

最近の馬券の買い方を出して欲しい、という方がいたので試行錯誤中なのですが一部公開します。

軸を決めて、さらに上位六頭を決めます。



△1
△2
△3
△4
その上で、

★軸が三着以内堅そうな場合
単4000
複8400
馬連
◎ー○▲2000×2 4000
◎ー△800×4 3200
ワイド
◎ー○▲2000×2 4000
三連複
◎ー◎○▲△全流し15点×200 3000
推奨馬一段目◎○▲3頭 二段目4頭◎○▲△フォーメーション 22点×200 4400
三連単上位5頭BOX 60点 6000
三連単一着流し 30点 3000
計40000円

★攻撃的かつ三連で軸フォロー(軸は決めたがその他上位馬も来そうな場合)

単3000
複6000
馬連
◎ー○▲1400×2 2800
◎ー△400×4 1600
7頭BOX×200 4400
ワイド
◎ー○▲1500×2 3000
三連複
◎ー◎○▲△全流し15点×300 4500
推奨馬一段目◎○▲3頭 二段目4頭◎○▲△フォーメーション 22点×300 6600
三連単上位5頭BOX 60点 6000
三連単一着上位3頭流し◎ー○▲△1 18点 1200
三連単上位三頭BOX 6点 600 
三連単上位二頭流し 2点 200
計40300円

★軸信頼置けるので完全攻めパターン

◎ー○▲馬連2500 5000
◎ー△1000 4000
◎ー○▲ワイド上位二点 3000 6000円
三連複
◎ー◎○▲△全流し15点×300 4500
推奨馬一段目◎○▲3頭 二段目4頭◎○▲△フォーメーション 22点×300 6600
三連単
上位4頭◎○▲△1△2 36点×200 7200
上位3頭◎○▲△1 18点×200 3600
一着流し 30点×100 3000
計39900円

★軸を決めて、他が絞れないかつあまり自信がない場合
単3000
複6000

計9000円

こんな感じで非常に見にくいと思うんですが(汗)
レースの軸馬の期待値によって変えていく、というパターンです。
これは当日のレース一時間前の馬体重や最終的なオッズなどによって変更したりするのでなかなか事前予想で公開、というわけにもいかないのですが、今後は



△1
△2
△3
△4
この上位7頭ぐらいはメルマガで公開していけるよう、努力していきます。

2014年 きさらぎ賞 出走登録+注目馬

トーセンスターダム
バンドワゴン
エイシンエルヴィン
オールステイ
サトノフェラーリ
サトノルパン
ジョウノムサシ
シードオブハピネス
セセリ
ダノンアンビシャス
ダンツキャノン
ピークトラム
ブラックカイト
ルファルシオン

出走登録の時点でフルゲートを割っているように毎年共同通信杯との兼ね合いで頭数が揃わない+荒れないという予想家泣かせの重賞。
この舞台はディープ産駒が強いが、去年は1、2番人気のディープが飛んだのも予想を難しくさせますね。
その中で敢えて狙うなら、ディープ×グレイソヴリンの血を持つこの馬↓

↓ブログランキングにてきさらぎ賞注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

先週は人気薄でトニービンの血を持つ馬が複数好走していました。
とは言っても少頭数は確実ですので、参考までに。

展望

2014年東京新聞杯出走登録+注目馬

エールブリーズ
エキストラエンド
ガンジス
クラレント
コスモセンサー
コディーノ
サクラゴスペル
サトノギャラント
サドンストーム
ショウナンマイティ
スピリタス
セイクリッドセブン
ダノンシャーク
ダブルスター
チョイワルグランパ
ノーブルジュエリー
ブルロック
ブレイズアトレイル
プリムラブルガリス
ホエールキャプチャ
ホクセツダンス
マイネルバイカ
ヤマカツハクリュウ
リルダヴァル
レイカーラ
レジェトウショウ
レッドスパーダ
ヴィルシーナ

オフシーズンのG3にしてはメンバー揃った印象ありますね。
まず一月のメルマガ連載で書いたように、人気になりそうなディープ産駒のエキストラエンドとヴィルシーナは傾向通りだと買えないです。少なくとも頭では買いにくいですね。

注目は牝馬で別路線、この種牡馬の得意な間隔開けて格上げ戦。内枠に入ればなおベターなこの馬↓

↓ブログランキングにて東京新聞杯注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

同じようにコディーノも悪くはないのですが、AJCCのレッドレイブンの+20のようにこの厩舎は最近迷走しているのと人気もそこそこあるでしょうから次点といったところ。

展望

2014年 シルクロードS 回顧

1着ストレイトガール
8戦連続連対中と集中状態のフジキセキ産駒で内枠、内有利の流れに乗った。

2着レディオブオペラ
基本的に逃げ馬の格上げ戦は流れが厳しくなりやすいが、34秒台で逃げて内有利馬場なら普通残る。

3着リトルゲルダ
前走不利受けての後で疲れはないが流石に盲点。
格上げ間もなく鮮度もあると言えばあるが、うまく内有利の流れに乗ったか。

6着まで一桁馬番が占めたように想定とは真逆の内有利レースになり、人気馬同士の決着になったので特に何も言うことはないレース。
そういう訳で外差し想定のスギノエンデバーもレオンビスティーも凡走は必然でした。
外枠や差しで届かなかった馬を次走狙っていきたい。

2014年 根岸S 回顧

1着◎ゴールスキー
メルマガの推奨通り、このレースに強い芝よりの父サンデーで短縮。
ダートに転戦してまだ6戦目という鮮度もあった。

2着ノーザンリバー
このレースは連勝馬が強く、前走重賞勝ったのに8番人気は人気なさすぎで評価すべきだった。
また父サンデー系。

3着シルクフォーチュン
今開催通じて走っていたゴールドアリュール産駒。

4着○ブライトライン
他に先行した馬が全滅だったように完全な差し決着でこの好走は評価出来る。
本番に向けてはこの馬が一番いいかも。

5着アドマイヤロイヤルまで、父か母父サンデー系という例年通りの決着。
それでいて三連単15万馬券は美味しすぎる馬券で、単複だけの的中では寂しかった。
点数広げて三連系当てるべきレースでした。