1月5日(日)競馬予想

京都12R 芝1400

◎3タガノグーフォ
例年通り、内枠有利想定。新馬だが芝1400勝ち実績あり、ダ→芝で短縮。
例年通りの馬場なら前走先行出来ているのもいい。
あとは2、5も妙味あり。

現段階京都金杯注目馬はこちら↓


投資競馬 ブログランキングへ

2014年両金杯 出走馬確定 簡易予想

・中山金杯
前走勝ち馬ゼロで3着以内馬も二頭、掲示板外の馬が10頭。二走前勝ちも二頭のみとかなり停滞したメンバー。
本来だとディープ産駒で中山ベストではないディサイファだが、あまりにメンバーが停滞しているので消すのも怖い。
ケイアイチョウサンは中山ベターなのは確だが、菊花賞で好走後間隔開けているのが気になる。おそらく疲れが出た可能性あるので、二番人気以内だと買いづらい。
ユニバーサルバンクも連続好走で前走超長距離なので疲れ出る可能性大。
ただ他に何がいる、となるとほんとに停滞したメンツなので、積極的に買えるレースではいまのところない。

・京都金杯
パッと見、マイネルラクリマ。
前に行く馬もあまりいないし、先行して例年通りの内有利馬場で持続力で粘りこめば。去年のトライハンフマーチに近いイメージ。
例年、1600以上、特に2400以上のG1に実績ある種牡馬が走っているのも心強い。何より2012年の勝ち馬ですし。

展望

地方交流重賞は予想されないのですか、という質問が来たのでお答えします。

現状の地方交流重賞は中央ダートOP馬の運動会。

上記の印象しかありません。

 

暮れの東京大章典の超低配当からもまったく買う気が起こらない=予想する気もないし20年以上競馬やってて一度も馬券買ったこともないので今後も予想することはないでしょう。

 

万が一地方重賞予想をUPしたとしたらそのレースは自分にとってよっぽど買う材料があると判断した場合だと重います。

 

地上重賞に限らず自分の得意なレースだけ厚めに買っていれば、年間プラスはふつーに達成出来ると思います。自分の場合は走れそうな短縮馬をひたすら買う。なんでもかんでも買ってたら普通に負けますよ。
展望