1月19日時点メルマガ勝負レース成績速報

【1月5日】
京都11R京都金杯
× 

【1月6日】
京都9R
×
中山11R
×

【1月11日】
京都4R
的中4番人気1着
単勝810円複勝290円
中山7R
×
京都11R
×
中山12R
的中6番人気2着
複勝310円

【1月12日】
中山9R
的中4番人気2着
複勝260円
京都11Rシンザン記念
的中5番人気3着
複勝210円

【1月13日】
京都5R
×
京都8R
×
中山10R
的中4番人気1着
単勝560円複勝230円
中山11RフェアリーS
×

【1月18日】
京都12R
的中1番人気2着
複勝180円
中山11R
×

【1月19日】
京都10R
的中4番人気1着
単勝590円複勝190円
中山11R京成杯
×
京都11R日経新春杯
的中3番人気3着
複勝230円

予想レース数18

的中レース数8

本命複勝率44%

的中時本命馬平均人気3.8

単勝回収率108%

複勝回収率105%

2014年のメルマガ勝負レースの成績ですが、まずまずとなっています。

的中率は44%に対し、的中時の本命馬平均人気は3.8。

中央競馬の一番人気の連対率は50%ですから、ある程度人気薄で走れる馬をピックアップ出来ていると言っていいでしょう。

(唯一の一番人気だった1月18日の京都12Rはディープ馬場+外人騎手+内枠で想定よりかなり売れてしまいました。基本的に1.2番人気になるような馬は本命にしないよう心がけています。)

目標としては一年を通して、単勝回収率120%、複勝回収率110%を目標としていきます。

長い目で見れば確実に+となる想定で予想していますのでメルマガ購読よろしくお願いします。

また、明日原稿が間に合えば種牡馬辞典ディープインパクトの攻略第三段を配信予定ですのでこれも楽しみにお待ち下さい。

2014年東海ステークス出走登録+注目馬公開

アドバンスウェイ 56.0
イッシンドウタイ 56.0
ヴァンヌーヴォー 56.0
エアハリファ 56.0
オースミイチバン 57.0
グラッツィア 56.0
グランドシチー 56.0
グレープブランデー 58.0
ケイアイレオーネ 55.0
ゲシュタルト 56.0
サイレントメロディ 56.0
サトノプリンシパル 55.0
スタッドジェルラン 56.0
セイカプリコーン 56.0
ソリタリーキング 56.0
ダノンスパシーバ 56.0
ダブルスター 56.0
チョイワルグランパ 56.0
トウショウフリーク 56.0
ドコフクカゼ 55.0
トミケンアルドール 56.0
ナムラタイタン 56.0
ナムラビクター 56.0
ニホンピロアワーズ 57.0
フリートストリート 56.0
ボレアス 56.0
マイネルバイカ 56.0
マルカプレジオ 56.0
メイショウエバモア 56.0
ロイヤルクレスト 56.0

登録が多いが、その割に前走勝ってる馬が三頭だけというやや停滞したメンバー。
となると、その勝ってきた馬から入っていきたい。
抽選さえ抜ければ…のこの馬。

↓ブログランキングにて東海S注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

父産駒も強い相手に怯まないので。

展望

【馬柱見た瞬間注目馬決定】2014年京都牝馬S展望

アドマイヤセプター
ウリウリ
エアジェルブロワ
クラウンロゼ
コスモネモシン
コレクターアイテム
ゴールデンナンバー
チャーチクワイア
ドナウブルー
ノボリディアーナ
ノーブルジュエリ
プリンセスジャック
マイネボヌール
マコトナワラタナ
ミッドサマーフェア
ラーストチカ
レジェトウショウ
ローブティサージュ

とにかくディープインパクト、内枠。それさえ買っていれば京都芝重賞は当たるイメージ。
ここでのディープ産駒は二頭。どちらかと言えば、こちらだろう。

↓ブログランキングにて京都牝馬S注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

長いことトップクラスにいる馬より、鮮度の高い馬を狙うのがディープ馬券の王道。

ディープ産駒の考察はメルマガでも22日配信予定ですので要チェック!

展望

2014年 京成杯回顧

1着プレイアンドリアル
デュランダル産駒は芝だとタフな流れの同距離か延長が嵌る。
それにしても完勝で思ったより中山適性あった。

2着キングズオブザサン
タフな中山での適正上位で。外差し競馬になって枠も上手くはまった。
しかしチチカステナンゴなんてマイナー産駒が一番人気とは、最近の競馬ファンは本当に目が肥えてますね。

3着アデイインザライフ
ディープ産駒の得意な格上げ戦。
ラングレーよりはこういう鮮度の高いほうが走る確率高い。
それでも3着なのは中山で重賞ともなるとペースも激しくより持続力勝負になりやすいから。

掲示板を10番以降の馬が占めたように土曜と違って完全な外差し決着で、そのわりに荒れてもいないのでこれは仕方なし。
内目の枠や先行して凡走した馬で人気落ちの場合は狙っていきたい。

2014年日経新春杯 回顧

1着サトノノブレス
メルマガでも書いたように内枠、ディープ馬場、外人騎手と買える材料が揃いすぎていて僅差とはいえ二番人気は意外だった。
明らかに馬場に恵まれての勝利で、次走は疑っていきたい。

2着アドマイヤフライト
格上げ戦だが休み明けの反動も出る可能性高く一番人気では期待値的には買えない。
こちらの方が強いレースはしているが。

3着フーラブライド
連勝中の勢いと内枠を利して雪崩込んだ。
そろそろ疲れも出てくるはずでこれも次走は疑いたい。

シンザン記念、京都金杯と距離は違えど全く同じような内枠を利した馬が上位独占。
もちろんメルマガで評価した二頭とも掲示板に載りました。
この傾向は京都牝馬Sでも同じだろうから当てていきたい。
このまま一月京都の重賞はディープ産駒が全勝で終わる予感がしますね。