2014年京都金杯回顧+シンザン記念注目馬

1着エキストラエンド
こんな馬じゃないんだけどっていう騎乗ぶり。騎手もそうですけどディープインパクトは鮮度がある状況で得意条件だと強いですね。マイルCSのトーセンラー同様、初マイルの鮮度を生かした形。
2着オースミナイン
ディープインパクトのワンツー。これも格上げ戦の内枠と鮮度のある状況だったので無難に来ましたね。
3着ガルボ
冬場の強さを見せた印象。正直買うなら前走ですけど、自分と同程度の相手で得意な条件ならまだまだ走りそうですね。

ラクリマは馬体重からも怪しかったですが、考える限りの最悪の騎乗。切れない馬があれだけ後ろからじゃ無理ですね。
ちなみに月曜は全敗でした(笑)が、日曜の貯金でプラス発進。
基本的に穴狙いなので、こういう日もあるとご理解下さい。

↓来週のシンザン記念の注目馬はブログランキングにて公開。圧倒的な強さを見せているミッキーアイルが逃げ馬なので、穴ならマンカフェ産駒で後ろから行くこの馬を狙いたい。

中央競馬 ブログランキングへ

2014年中山金杯回顧

1着オーシャンブルー
中山・内枠巧者なのは分かっていますが、ここまでリズムの悪い馬を頭にもってくる外人騎手はすごいですね。人気もそこそこありましたので手が出しずらいですね。

2着カルトブレッサ
やっと得意な条件に出てきてくれたかという感じ。二走前京都2000とか選ばずにアルゼンチン共和国杯選んでたら普通に好勝負したと思います。今後もタフな舞台で買いたい。

3着ディサイファ
当日の馬体+10は間隔詰めたにしては太め過ぎ。それと朝日杯などでもそうでしたが人気の中山でディープ産駒は期待値低いです。あまりに停滞したメンバーだったので三着まで来れたという感じですね。

あまり自信がないというかほぼ見レースでしたが的中。
rede

明日の新春S予想はブログランキングで公開↓

中央競馬 ブログランキングへ

朝日杯FS 回顧

一着アジアエクスプレス

ダ⇒芝で激走。もう少し人気なかったら抑えていたが期待値と人気のバランスで蹴った。中山芝自体ネオユニヴァースなどの芝ダート兼用種牡馬が走るので来ても不思議ではない。
今後はそういった舞台、芝よりのダート、ダート適正求められる芝で活躍するのではないだろうか。
二着ショウナンアチーヴ
このレースで最大の取捨ポイントである唯一の母父サンデー。外伸び馬場で11番もちょうど良かった。正直もらったと思ったが、枠なりにまくり気味に勝ちにいった分最後伸びを欠いた。これは勝ちにいっての二着なので仕方なし。

 

三着ウインフルブルーム

最近のトレンドである母父サクラユタカオー。二着馬といい血統的に人気になりにくいので重宝したいのだが、来年から阪神で開催とのこと。数少ない非サンデー系が走るレースなのでもったいない。

 

一番人気5着アトム

基本的にディープ産駒はもまれ弱く、また中山などの持続力問われる馬場は苦手なのでこんなものでしょう。東京、京都で。

二番人気7着プレイアンドリアル

血統的には中山の方が向くが、デュランダル産駒の芝の短縮は回収率、複勝率とも悪い。ダートの短縮ならいいのだが、短縮の芝だと流れが速くなるとついていけないというのが特徴。

三番人気10着ベルカント

これは武豊のG1完全制覇期待の過剰人気。牝馬の延長ステップで中山だといかにも体力負けするのは否めない。本来なら15倍ぐらいじゃないか。

上位人気が怪しく傾向に当てはまる母父サンデーが一頭しかいなくその馬が単勝15倍なら勝負すべき。
三連単も手広くいけば当てられたかな、というレース。複4.7倍つけば充分プラスになるのでまあ次第点。

朝日杯・当たったが悔しい。

hoe
直線入ってもらったと思ったが…残念ながら2着。複勝4.7倍なら美味しいが。

3着も母サクラユタカオーですからこの血統はアルフレードやグランプリボスのように朝日杯ではトレンドになりつつある…と思ってたら来年から阪神で開催とのこと。

正直面白くない。人気薄のサンデー系狙ってなんぼの面白いG1だったので。

もっと色々な条件でレースを施行して欲しいですね。サンデーばっかじゃつまらないですよ。

フェイスブックページ始めてみました!いいね!お願いします!
https://www.facebook.com/jinseisaiko777