2016年菊花賞・富士S回顧

2016年富士S回顧

1着○3ヤングマンパワー
マイル戦としてはかなり緩いペースになり、内枠で前に行けて調子の良い馬が自動的に上位になる単調な競馬であまり評価出来る内容でもない。
次走は今回よりハイペースになるであろうから評価を下げたい。

2着4イスラボニータ
流石にこの相手で東京芝なら馬券は外せないということか。
それでも勝ちきれないあたり、衰えは隠せない。

3着△2ダノンプラチナ
緩い流れだったのは前に行ったのは正解も、切れ味が削がれるので勝ちきれない。
使い込んでよいタイプでもないので次走に向けては厳しいところ。

本命1は緩い流れを控えてしまったので流石に無理。
1番人気ロードクエストはこの緩い流れを最後方からでは物理的に不利なので当然の凡走も、2~4番人気で決まる人気サイドの決着と面白くない結果に。

2016年菊花賞回顧

1着○3サトノダイヤモンド
内有利で例年高速化する馬場にも助けられた。
京都適正が高過ぎるので、今後他のG1だとよほど恵まれないと苦労しそう。

2着11レインボーライン
前半緩く後半速いペースで決して得意な流れではなかったと思うが追い込んでくる。
スタミナ勝負は想像以上に適正高そう。
人気になりにくいので今後も警戒したい。

3着13エアスピネル
掛かっていたが、緩い流れの上り勝負に助けられた感。

土日どちらの重賞も対抗の○が勝利も、相手が抜けてハズレ。
菊花賞の馬連は当てられなくもなかったですが、いずれにしても高い配当でもなく攻めの予想をした結果なので仕方ないですね。
来週に期待します。

↓◎人気ブログランキングに2016年菊花賞次走注目馬公開中↓


人気ブログランキングへ

競馬予想のレジまぐ

2016年毎日王冠・京都大賞典回顧

2016年毎日王冠回顧

1着10ルージュバック
中頭数の外枠で馬場渋って揉まれにくい状況。
桜花賞のように揉まれなければ牝馬としては基礎能力高いので走る。
それでも1番人気だと高評価しにくいところ。

2着◎7アンビシャス
馬場渋って持続力勝負になったのが良かった。
本番に向けてはストレス残したのであまりよろしくなく、次走人気になるなら評価を下げたい。

3着1ヒストリカル
どちらかというと持続力志向で、能力的に足りないので最後方待機。
この形だと3~6着が多くなるが、上手く嵌まってくれた印象。

本命は好走するも相手を間違えるまずい形。
例年と違う特殊馬場だったので上位三頭は次走疲労残るであろうから評価を下げたい。

2016年京都大賞典回顧

1着1キタサンブラック
他が走らなすぎというのもあるが、スローの二番手から速い上がり出して無難に勝利。
今年に入ってどんな条件でも無難に好走しているのでいよいよ切りにくい馬になってきたなという印象。

2着◎3アドマイヤデウス
G1では全戦着外、G2までなら全戦馬券圏内。
極限を試されるレース以外なら自分の能力分は忠実に出すタイプ。
そういう意味で6番人気は美味しかった。

3着△10ラブリーデイ
間隔を空けるのは良いが、スローの上り勝負になったので1、2着馬とは単純に枠の差が出た。
とはいえずっと勝ち切れていないので少しずつ衰えているか。

こちらも本命が好走したのに1着馬を消して見事にハズレ。

その他のレースも本命4着止まりや13番人気本命2着も相手が足りずハズレと、10月はなかなか下手クソな予想を続けております…

人気薄を本命にしている以上、こういうことは年に何回かあることですが、早めに修正して負け分を取り返していきたいところです。

↓◎人気ブログランキングに2016毎日王冠次走注目馬公開中↓


人気ブログランキングへ

競馬予想のレジまぐ

2016年キーンランドC・新潟2歳S回顧

2016年新潟2歳S回顧

1着△10ヴゼットジョリー
ローエングリン産駒はスタミナ生かせるタフなマイル戦は得意。
外差しが効く展開になったのも良かった。

2着12オーバースペック
短縮で最後方待機の追い込みハマる。
ダート的な持続力も通用するのがこのレースの特徴だが、過去短縮馬は不振傾向だったので重視出来ず。

3着3イブキ
新種牡馬ルーラーシップ産駒。
短縮も、自ら勝ちに行く早めの競馬で最後飲み込まれる。
広いコースで揉まれず走れれば今後もそこそこ期待出来そう。

例年不振の短縮馬が2、3着と難しい結果。

2016年キーンランドC回顧

1着◎14ブランボヌール
+20キロは間隔空けて馬体戻ったものでむしろ好材料。
斤量51キロで短縮というのもいかにも有利で快勝。

2着△4シュウジ
短縮好走後の反動懸念したが軽量有利でマイペースの逃げ打てれば残れる。
勝ち切るとなるとやはり短縮欲しいところ。

3着12レッツゴードンキ
短距離で差す競馬が板に付いてきた感あり。
短縮で差し届く馬場なら今後も警戒したい。

2番人気でもブランボヌールを本命にしたようにこの馬しか勝てそうな馬がいなかったが、荒れませんね…
8月は的中しても安い配当ばかりで不完全燃焼の月でした。来月は挽回します。

↓◎人気ブログランキングに2016関屋記念次走注目馬公開中↓


人気ブログランキングへ

競馬予想のレジまぐ

2016年関屋記念・エルムS回顧

2016年関屋記念回顧

1着△17ヤングマンパワー
唯一の格上戦、唯一の前走勝ち馬と鮮度的にアドバンテージあったし、広いコースの差し競馬得意で。

2着12ダノンリバティ
広いコースで疲労ない場面では自分なりに走るが、短縮の前走で凡走して今回走るとは難しい馬。

3着△7マジックタイム
多頭数内枠は得意。
ただ一番人気のハーツクライ産駒は総じて勝ち切れないことが多い。
強い相手の人気薄でこそ期待値高い。

本命のマジェスティハーツには、ちょっと時計が速過ぎたか。
対抗のラングレーはやはり重賞だと足りない感あり。条件的にはこれ以上ないのだが…

2016年エルムS回顧

1着4リッカルド
停滞気味のダート路線において、唯一条件戦からの格上馬という時点で鮮度的にはかなり有利。
何故印を付けなかったのか、悔やむ。

2着△12クリノスターオー
間隔空けて使うと気分よく先行出来て走る。
ただ近走勝ち切れていないように勝つとなると何かしら恵まれないと厳しいか。

3着▲11モンドクラッセ
1番人気の逃げは目標にされるので他馬とは一段強くないと基本苦しい。
また強力な先行馬も多くいたのでこんなものだろう。

あまり自信がないのもあったが、人気馬主体の予想で外すという情けない結果。

最近重賞ではあまり良い結果が出せていないので今週あたり大きな花火を打ち上げられるよう精進します。

人気ブログランキングでは2016年関屋記念の次走注目馬を公開中!

↓◎人気ブログランキングに2016関屋記念次走注目馬公開中↓


人気ブログランキングへ

競馬予想のレジまぐ

【難しい】2016年函館記念回顧

こんばんは、すこーぴおんです。

大分ご無沙汰しておりました。

体調不良につき、先週は最低限の有料予想の配信のみ行っておりました。

ぼちぼち公式サイトの更新も通常通りに戻っていきます。

ご心配おかけして申し訳ありません。

2016年函館記念回顧

1着△6マイネルミラノ
スタミナいる洋芝でマイペースの逃げ打てればこのくらいは走れる。
ただ前走好走後だったのであまり評価できず。

2着8ケイティープライド
正直この馬が来るとは…
確かに小回り向きのディープインパクト産駒だが、重賞では一歩及ばずのレース続いていたので買いにくい。

3着10ツクバアズマオー
格上げ間もなく、スタミナいる洋芝も得意な部類のステイゴールド産駒。
人気はなかったので押さえるべきだった。

タフなレース得意なステイゴールド産駒の1、3着。

それ以上にこのレースはディープインパクト産駒について考えさせるレースでした。
ケイティープライドはかなり買いにくいですが、唯一重賞であわやの場面作っていたのがおなじ小回りの小倉大賞典だったので、人気がないなら軽く押さえるのもありかな…とは思います。

1番人気を本命にして外すという情けない予想でした。

やはり人気馬から行っても外すことが多いので、つくづく自分は穴予想家だなと思います汗

人気ブログランキングでは2016年函館記念の次走注目馬を公開中!

↓◎人気ブログランキングに2016年函館記念次走注目馬公開中↓


人気ブログランキングへ

競馬予想のレジまぐ