2014年クイーンC出走登録+注目馬公開

賞金上位
ニシノアカツキ
フォーエバーモア
マジックタイム
カクシアジ

以下、抽選対象馬(12/28)
アラフジ
イントロダクション
ヴァンデミエール
カノーロ
ガーリッシュハート
グリサージュ
サクラパリュール
シュヴァリエ
スイートガーデン
スーリール
セレナビアンカ
タイセイティグレス
ダイワソフィー
タカラジェンヌ
ツクバアスナロ
デルフィーノ
デルマサリーチャン
ハッピーベリンダ
ハピネスダンサー
フリュクティドール
プレミアステイタス
ペイシャフェリス
マイネオーラム
マリーズケイ
ミュゼリトルガール
ヤマノフェアリー
ラインハーディー
ルミナスパレード

まず速攻で消せるのが前走タフな馬場だったフェアリーSで人気薄激走のニシノアカツキ。
東京マイルは適正が違うので道悪にでもならないと厳しいだろう。
人気になるようなら面白い。

抽選対象が多すぎてなんとも言えないが、唯一の差して圧勝の格上馬に注目したい。
ハーツクライならマジックタイムよりもこちらが人気的にも妙味ありだろう。

↓ブログランキングにてクイーンC注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

展望

2014年きさらぎ賞  出走馬確定につき全馬診断

エイシンエルヴィン
パワー型の父系で、どちらかというと阪神、中山向きだろう。

オールステイ
得に強調材料がない。

サトノルパン
このコース相性のいいディープ産駒。母父リファール系もいい。ただ上がりの数字が物足りないが。

セセリ
得に強調材料がない。

ダンツキャノン
得に強調材料がない。

トーセンスターダム
このコース相性のいいディープ産駒。二頭だけの二勝馬というのもあり、複勝圏は外さないか。

バンドワゴン
このレース相性のいい父リファール系。また二戦二勝馬であり切る材料が見当たらない。

ピークトラム
チチカステナンゴ産駒でもっとタフな条件で狙いたい。

ブラックカイト
このレース相性のいい母父トニービン。上がりの持ちタイムは心もとないが、血統だけで狙うなら同馬か。

9頭立てと寂しいレースだが、あえて狙うならこの馬…か。

↓ブログランキングにてきさらぎ賞注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

最近の京都芝もグレイソヴリンの血を持つ馬が穴を開けているので。

展望

2014年東京新聞杯 出走馬確定につき全馬診断

ヴィルシーナ
勢いを失ったディープ産駒は基本的に期待値低い。
G1ウィナーで今後も人気はそこそこ出るだろうから、今回凡走するようなら今後も見切りたい。

エキストラエンド
前走はディープ産駒が京都芝重賞を全勝したように恵まれた。
今回は逆にディープ産駒の複勝率0の舞台なので厳しい。

エールブリーズ
格上げ戦だが1400続きの延長マイルはいかにも厳しい。

クラレント
前走は前残りの流れに乗っただけの凡庸な内容。東京芝は実績あるが…
ダンスインザダークは絶頂期は短いが、内枠取れれば。

コスモセンサー
キンカメ産駒は年齢と共に劣化していく。流石に厳しい。

コディーノ
間隔開けて短縮、内枠ならなおいい。

サクラゴスペル
トップクラスだと1400以下がベターだろう。

サトノギャラント
マイルだと(4.1.0.0)でパーフェクトなのだが、前走OPを短縮で追い込んで勝ってしまった後というのはいかにも反動出そう。

ショウナンマイティ
能力的には一枚上なのだが、このレースは毎年前有利で追い込み脚質の同馬は物理的に間に合わなそう。

ダノンシャーク
このレースと相性が悪いディープ産駒で昨年も一番人気5着だが、最近前に行けているので内枠なら多少は。

プリムラブルガリス
OPに上がってからマイル戦を二戦連続大敗と強調材料がない。

ブレイズアトレイル
マイル戦をそこそこ好走していて先行出来るダイワメジャー。勝ち切るなら距離変更などのショック欲しい。

ホエールキャプチャ
何気にマイルは6戦全連対とパーフェクトなのだが、クロフネ産駒は休み明けはあまりよくない。

リルダヴァル
消耗が激しいタキオン産駒で、若い頃使い込まれたのが痛かった。

レイカーラ
最軽量、間隔開けて強い相手で内枠入れば、キンカメの最も得意な条件。

レッドスパーダ
前に行ける馬で短縮ならば悪くはない。

明確に逃げそうな馬が二頭だけで好位差し有利となりそう。
差し馬なら内枠で馬群割る馬じゃないときつそうで、枠順は要注目。

↓ブログランキングにて東京新聞杯注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

展望

2014年 きさらぎ賞 出走登録+注目馬

トーセンスターダム
バンドワゴン
エイシンエルヴィン
オールステイ
サトノフェラーリ
サトノルパン
ジョウノムサシ
シードオブハピネス
セセリ
ダノンアンビシャス
ダンツキャノン
ピークトラム
ブラックカイト
ルファルシオン

出走登録の時点でフルゲートを割っているように毎年共同通信杯との兼ね合いで頭数が揃わない+荒れないという予想家泣かせの重賞。
この舞台はディープ産駒が強いが、去年は1、2番人気のディープが飛んだのも予想を難しくさせますね。
その中で敢えて狙うなら、ディープ×グレイソヴリンの血を持つこの馬↓

↓ブログランキングにてきさらぎ賞注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

先週は人気薄でトニービンの血を持つ馬が複数好走していました。
とは言っても少頭数は確実ですので、参考までに。

展望

2014年東京新聞杯出走登録+注目馬

エールブリーズ
エキストラエンド
ガンジス
クラレント
コスモセンサー
コディーノ
サクラゴスペル
サトノギャラント
サドンストーム
ショウナンマイティ
スピリタス
セイクリッドセブン
ダノンシャーク
ダブルスター
チョイワルグランパ
ノーブルジュエリー
ブルロック
ブレイズアトレイル
プリムラブルガリス
ホエールキャプチャ
ホクセツダンス
マイネルバイカ
ヤマカツハクリュウ
リルダヴァル
レイカーラ
レジェトウショウ
レッドスパーダ
ヴィルシーナ

オフシーズンのG3にしてはメンバー揃った印象ありますね。
まず一月のメルマガ連載で書いたように、人気になりそうなディープ産駒のエキストラエンドとヴィルシーナは傾向通りだと買えないです。少なくとも頭では買いにくいですね。

注目は牝馬で別路線、この種牡馬の得意な間隔開けて格上げ戦。内枠に入ればなおベターなこの馬↓

↓ブログランキングにて東京新聞杯注目馬公開中↓

人気ブログランキングへ

同じようにコディーノも悪くはないのですが、AJCCのレッドレイブンの+20のようにこの厩舎は最近迷走しているのと人気もそこそこあるでしょうから次点といったところ。

展望